Engage for intelligence. — その先に、未来がある。

オフィス・アウターガイ公式サイト » ニュースリリース » 2018年 » 投資方針書の改版に関するお知らせ

投資方針書の改版に関するお知らせ

オフィス・アウターガイは、2018年1月12日付で、投資方針書を改版し、第29版として公開しましたので、以下の通りお知らせいたします。

改版の概要

新旧対照表

改版前改版後
(第28版)
20173
(第29版)
20181
2.基本事項2.基本事項
(5)アセット・アロケーション
(中略)
ただし、内国株式は、配当金、および株主優待権利の獲得を目的として、上場株式へのサテライト投資を可能とする。また、内国債券は、金利変動に対する価格感応度の緩和を目的として、個人向け利付国債(変動金利型)への投資を可能とする。
(5) アセット・アロケーション
(中略)
ただし、内国株式は、配当金、および株主優待権利の獲得を目的として、上場株式へのサテライト投資を可能とする。また、内国債券は、金利変動に対する価格感応度の緩和を目的として、個人向け利付国債(変動金利型)へのコア投資を可能とする。
3.投資規則3.投資規則
(3)費用
新規に買付を行うETFの信託報酬の年率は税抜0.2%以下とする。
新規に買付を行う
公募投資信託の信託報酬の年率は、税抜0.5%以下とする。
(3)費用
新規に買付を行うETF、および公募投資信託の信託報酬の年率は、税抜0.3%以下とする。